index0819_02
誰もが自分のことを
やさしく抱きしめられる社会
誰もが大切でかけがえのない命。

にもかかわらず、あなたは、「こうするべき」「こうしなければいけない」 と社会からの呪いを受けて、大切な自分の存在自体を否定することがないでしょうか。

いじめ・犯罪・虐待など悲しい出来ごとの根源は、環境が作用して自分自身 に辛い言葉をかけ続けたことだと考えています。 そのような悲しい循環をなくしたい。

自己否定から自分のことをやさしく抱きしめる思考へ。 生きているだけで輝かしい命の灯を、これからもあたたかく 燃やしていけるような、お力添えがしたい。

「ぎゅぎゅっとハッピー」を合言葉に、 幸せの循環を創り出していきます!
導入いただいたクライアント様の声
私がゆうちゃんの研修を初めて間近で見させてもらったのが会社の保育園職員の新任研修でした。
開始と同時にゆうちゃんのダンスから始まりオンラインで参加していた200名の受講生の心を鷲掴み!!

誰もが自己肯定感を高められる素敵な研修でした。
家族以外にマスクを外した大人との触れ合いも少なくなった今、マスクのない温かい表情をみて、動画やテレビでは味わえない活きた会話を楽しめるのも、オンラインの良さです。
ダンスを『させる時間』ではなく、 『一緒に作っていく』時間を多くの方に味わってほしいものです。 ゆうちゃんを囲んでハッピーの輪を広げていきましょう。
教育専門家からの推薦の声

石川教育研究所代表 石川幸夫様

日本の子ども達が一番苦手としているのが表現力です。自分の想いをもっと表現できるようになれば、社会に出たときの選択肢が広がります。

 “ハッピー”や“楽しさ”を前提にしているハッピーダンスでは、自ら参加したいという意欲をもち、やりたいという想いを子ども達が自由に表現することができます。年齢も性別も全く関係ない、みんなが参加できる三原勇気さんの提唱するハッピーダンスが大きく広がっていくことを心から願っています。

サービス

保育士研修/保育施設・法人向けハッピーダンス/
子ども関連企業コンサルティング/一般家庭向けオンラインサービス


◆子どもは好きだけど保育士続けられるかな…

◆職員で連携しているはずなのに何故かトラブルに…

→「一人ひとりのメンタルケアと行動変革を」


◆運動や表現を楽しく保育に取り入れることが難しい

◆子どもの試し行動が多くクラスが落ち着かない

→「0秒で豊かな表現を引き出すアプローチを」


◆自社メディアの反応がイマイチ伸び悩む

◆同業他社との差が上手く伝わらない

→「熱烈なファンが勝手に増えていく仕組化を」 


◆気づいたら半日以上動画を見ていた…

◆おうち時間が増えて親子で運動不足気味

→「双方向のやりとりとダンスで楽しい運動習慣を」

保育運営についてのお悩みをお気軽にご相談ください。

ブログ
三原勇気 プロフィール

公立→私立保育園→フリーランス保育士を経て、保育・子育て界にハッピーの
循環を創り出すことをミッションに、株式会社ぎゅぎゅっとハッピーを設立。

延べ1万人以上の親子と”乳幼児が全身運動を楽しめるハッピーダンス”や
2500人の親子オンラインダンスイベント開催、TSUTAYAなど企業タイアップも
手掛ける。

保育士養成校での講演や日本保育者教育養成学会での研究発表などを実績多数。
「保育士の自己肯定感やマインドを整える研修」「子どもの自由な表現を引き出すダンスプログラム」が好評で、導入園が拡大中。

心理学や保育事例、再現可能なワークで保育士の自己受容を高め、内省力、自己発揮力、楽進力を養い相互理解を深め離職率低下に繋がる園作りサポーターとして活躍。